スタッフ

Staff Profiles

タマをあと5つクリックしたら壁紙プレゼント!

  • 監督・脚本:西田征史

    1975年5月22日生まれ。東京都出身。08年公開の『ガチ☆ボーイ』(小泉徳宏監督)。以降、『半分の月がのぼる空』(10/深川栄洋監督)、『おにいちゃんのハナビ』(10/国本雅広監督)、『怪物くん』(11/中村義洋監督)、『アフロ田中』(11/松居大悟監督)、『妖怪人間べム』(12/狩山俊輔監督)、アニメ「TIGER & BUNNY」など数々の話題作の脚本を担当。14年に自作小説を原作として脚本も手がけた『小野寺の弟・小野寺の姉』で映画監督デビューを果たした。16年に放送されたNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」が話題となり、脚本家としてさらなる地位を確立。自身が作・演出を手がけた舞台「泥棒役者」を映画化した本作が2作目の映画監督作品となる。その他、脚本を担当した主な作品は、『劇場版TIGER & BUNNY』シリーズ(12・14/米たにヨシトモ監督)、『嫌な女』(16/黒木瞳監督)、『信長協奏曲』(16/松山博昭監督)などがある。

  • 音楽:遠藤浩二

    19歳からJAZZGUITARを始める。24歳から映像音楽に興味を持ち、映画やTV、CMなどに参加。主な作品は『麦子さんと』(13/吉田恵輔監督)、『L・DK』(14/川村泰祐監督)、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、『着信アリ』(04)、『十三人の刺客』(10 日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞作)、『悪の経典』(12)、『藁の盾』(13)、『土竜の唄』(16)、『ジョジョの奇妙な冒険』(17)(三池崇史監督)などがある。

  • 録音:小松将人

    1969年、東京都出身。2001年の『サディスティック&マゾヒスティック』(中田秀夫監督)で技師デビュー。『しゃべれども しゃべれども』(07/平山秀幸監督)で毎日映画コンクール録音賞、日本映画テレビ技術協会映像技術賞受賞。『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』(11/平山秀幸監督)で映画テレビ技術協会映像技術奨励賞受賞。主な作品として、『呪怨』(03/ 清水崇監督)、『叫』(07/黒沢清監督)、『ぼくたちの家族』(14/石井裕也監督)、『小野寺の弟・小野寺の姉』(14/西田征史監督)、『エヴェレスト 神々の山嶺』(16/平山秀幸監督)などがある。

  • 撮影:相馬大輔

    1973年、埼玉県出身。佐光朗の元で撮影・ステディカム・生ビールを学ぶ。『SP The Motion Picture 野望篇・革命篇』(10・11/波多野貴文監督)でカメラマンとしてデビュー。主な作品として、『ヘルタースケルター』(12/蜷川実花監督)、『小野寺の弟・小野寺の姉』(14/西田征史監督)、『TOKYO TRIBE』(14/園子温監督)、『悼む人』(15/堤幸彦監督)、『天の茶助』(15/SABU監督)、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(16/宮藤官九郎監督)、『何者』(16/三浦大輔監督)、『忍びの国』(17/中村義洋監督)などがある。好物はカラアゲ。

  • 編集:日下部元考

    1970年、東京都出身。90年、日活撮影所入社。『アンチェイン』(01/豊田利晃監督)で編集技師デビュー。2012年よりフリー。主な作品に『空中庭園」(05/豊田利晃監督)、『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(10/錦織良成監督)、『カイジ2~人生奪回ゲーム~』(11/佐藤東弥監督)、『暗黒女子』(17/耶雲哉治監督)などがある。『桐島、部活やめるってよ』(12/吉田大八監督)で第36回日本アカデミー賞最優秀編集賞を受賞。西田征史監督作品には『小野寺の弟・小野寺の姉』(14)に続いての参加となる。

  • 美術:五辻圭

    1970年、東京都出身。93年、池谷仙克事務所に入社し美術助手のキャリアスタート。97年に退社しフリーとなり山口修、種田陽平、林田裕至などの美術助手を勤め、08年公開の『ガチ☆ボーイ』(小泉徳宏監督/脚本:西田征史)にて美術デザイナーとなる。主な作品として、『小野寺の弟・小野寺の姉』(14/西田征史監督)、『ビリギャル』(15/土井裕泰監督)、『ちはやふる 上の句・下の句』(16/小泉徳宏監督)、『君の膵臓をたべたい』(17/月川翔監督)などがある。

  • 「タマとミキ」絵本/アニメーション制作:朝倉真愛

    東京都生まれ。武蔵野美術大学卒業後、フリーのアニメーターとして様々な映像制作に携わる。NHK TV 60thスポットアニメーション、映画「小野寺の弟・小野寺の姉」では劇中の絵本とアニメーションを制作。絵本作品として「ピーマンくん えんにいく」(学研プラス おはなしプーカ2016年3月号)がある。

  • 照明:佐藤浩太

    1972年、神奈川県出身。97年、松竹大船撮影所入社、後にフリーの照明助手として渡邊孝一に師事。『ガチ☆ボーイ』(08/小泉徳宏監督/脚本:西田征史)で照明技師となる。主な作品として、『ヘルタースケルター』(12/蜷川実花監督)、『麦子さんと』(13/吉田恵輔監督)、『小野寺の弟・小野寺の姉』(14/西田征史監督)、『TOKYO TRIBE』(14/園子温監督)、『予告犯』(15/中村義洋監督)、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(16/宮藤官九郎監督)、『何者』(16/三浦大輔監督)、『忍びの国』(17/中村義洋監督)などがある。

  • タイトル/アニメーションパート制作:姫田真武

    1988年、宮崎県出身。多摩美術大学大学院グラフィックデザイン学科修了。“うたのおにいさん”への憧れから、作詞、作曲、歌、アニメーションの制作まで一人で行い、自作自演でアニメーションと融合したパフォーマンス活動を行う クリエイター。18th DigiCon6 ASIA「ようこそぼくです4」グランプリ受賞。第17回文化庁メディア芸術祭「ようこそぼくです選」新人賞受賞。

ページトップへ